Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Reflections on the role of stemmatics in critical editing, with special reference to the edition of Sanskrit texts

Hakata30945832q42


■日時:2015年10月23日(金)13:30〜17:30
■講演者:Harunaga Isaacson 教授(ハンブルク大学/筑波大学)
■演題:"Reflections on the role of stemmatics in critical editing, with special reference to the edition of Sanskrit texts"
■会場:筑波大学東京キャンパス118
    ※丸ノ内線 茗荷谷駅下車「出口1」徒歩5分程度
アクセス: http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

■主催/共催
東京大学人文社会系研究科インド文学・インド哲学・仏教学研究室、
筑波大学人文社会国際比較研究機構、
筑波大学人文社会系海外教育研究ユニット招致プログラム

Tokyo 017039843

写本の系統図であるステマ、つまり、樹形図についての批判的考察。

ステマがないのはアンクリティカル、あればクリティカルといった見解は安易に過ぎます。

そもそも理論的にステマが可能なのかどうかという反省が必要。

実際のところ、二親などのコンタミネーションを考慮すると、一義的に自動的に客観的にステマが導出されるというのは楽天的過ぎます。

一つの親から2股か、あるいは、3股かというだけでも、実は一義的には決まりません。

しかし、現実には多くの校訂本が2股です。

これは異常です。

すでに何らかの先入観が働いているといわざるをえません。

また、ステマが実際の校訂作業において万能の魔法の杖になるかのような幻想は捨てるべきです。

2股において、いずれを採用すべきかについて、ステマは自動的に答えを与えてくれるわけではありません。

異読データから一義的に導かれた客観的なステマが何か客観的な指針を機械的に与えてくれるというのは幻想です。

また、異読データから自動的に一義的に同じステマが導かれるかどうかも怪しいものです。

データをどのようにとるのか、一音節ずつか、単語か、句かで、また、いずれの読みを正しい読みとして採用し、いずれを誤った読みと看做すのかによっても、処理結果は大きく異なってくるはずです。

ある人が提示するあるステマも沢山ある可能性の中のほんのひとつの仮説にすぎません。

結局のところ、一個一個の場面で我々は、あらゆる可能性を考慮しながら最善の結論を出すという決断を迫られます。

その判断において、ステマが本質的に重要な、必要不可欠な役割を果たすということは、つまり、われわれが頭を使わずともステマが自動的に答えを与えてくれるということはありません。

ステマがなければ主観的、ステマがあれば客観的という図式的理解は当てはまりません。

ステマの理論的限界、効用の限界を我々は知っておくべきです。

校訂という作業が写本から異読を客観的に記録するだけの機械的作業だと思っている人は、校訂の何たるかを未だ知らない人でしょう。

校訂において我々は不断に判断を迫られます。

色々な確度の証拠のあれこれを勘案しながら、我々は答えを導かねばなりません。

批判的校訂の「批判的」は、ステマの有無によって決まるのではなく、一個一個の場面での判断の妥当性によって決まります。

その判断において必須となるべきはステマではありません。

Tokyo 079werpow


スポンサーサイト
  1. 2015/10/16(金) 18:43:32|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する