Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

学会という場を提供する労力

学会を組織して運営していく,というのは結構面倒です.

幸い,うちの場合は,そこまででっかいものは運営せず,毎年,広大の印哲と交互にこじんまりとした(しかし実のある)学会を行うだけです.(最近は,九大・広大だけでなく,京大の院生もよく参加してくれています.)

福岡開催は2年に1回ですので,負担もそこまでではありません.

基本,教室を押さえる,宿泊先を押さえる,発表を募ってプログラムを作って事前に資料をアップロードする,などなどの仕事です.当日の受付などを除けば,基本,事務担当のわたし一人でできる仕事です.

会社なら仕事なので,できて当然のような仕事ですが,大学の場合は,これは,「仕事」というよりは付加的なものなので,面倒と思う人は多いでしょう.

学会が必須業務ではない,という証拠に,学会のために教室を借りようとすると大学に「教室使用料」なるものを払わねばなりません.(自分の会社で会議をやるのに会議室使用料を払う,というようなものです.)

学会は外部の組織なので,外部の組織が中の施設を使うのに金を払うのは当然,という発想です.

学会活動は,要するに,研究者の勝手な遊びだと言うのと変わりありません.

海外の大学なら,学会をやるとむしろ補助が出たりするのですが,日本の国立大学法人では,逆に金を取られるというわけです.

つまり,ほんとは,学会なんかやらずに週末は家で大人しくしてたほうが(経済的には)まし,ということです.

それでもやるのは,うちのように小さいと,目的がはっきりしていて,「院生のため」ということです.

目に見える目的があるので,そこは分かりやすいです.

しかし,参加者が500人にもなるような学会を組織するとなると,これは大変です.

自分の院生のため,というようなインセンティブもかなり薄れます.

むしろ,院生が働かされるので,院生のためにならない,というようなことになりかねません.

後進のためになる学会の適正なサイズというのはあるかもしれません.

学会もでっかくなりすぎると,どうも,本末転倒になりがちです.

そもそも,学会運営で一番面倒なのが,懇親会だったりします.

学会が小さければ組織するのも大したことありませんが,大きくなると大変です.

大規模なパーティーは面倒だからなくてもいいと思います.

そもそも学会は学術メインの集まりなのですから,その後の懇親会が,事務担当者1人の能力を超えるような規模のものは,やめたがまし,と思います.

教室借りて発表をする場を用意する,というただそれだけの本来の目的が何か別のものに変わってきたなら危険信号だと思います.
スポンサーサイト
  1. 2015/11/28(土) 17:13:48|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する