Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

非存在の非存在は何か?

非牛の排除において,非牛というのは「牛でない」ということですから,牛の排除というアポーハのはずです.

つまり,非牛の排除は,アポーハのアポーハ,排除の排除,ということになります.

つまり,非存在の非存在ということになります.

さて,非存在の非存在は結局の所,いかなるものになるのでしょうか?

非存在1の非存在2において,もし非存在2が非存在1とは別様のものになるならば,非存在1はもはや非存在ではなく存在になるはずです.

つまり「牛」の意味が肯定的な存在となってしまいます.これはディグナーガの望まないところです.

では逆に,同様のものだというならば,どうなるでしょうか?

その場合,非存在1=非存在2ということになるので,非牛=非牛の排除,つまり,非牛=牛,ということになってしまいます.

これも困ったことです.

「牛」という語の直接の意味として,牛でないものでない,すなわち,非牛の排除を考えたディグナーガですが,それは突き詰めると,非存在の非存在,ということになるので,存在とならざるをえないのです.
スポンサーサイト
  1. 2015/12/30(水) 02:56:25|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する