FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

『伊原照蓮博士古稀記念論文集』の注文先


問い合わせがありましたので再度確認しておきます.

『伊原照蓮博士古稀記念論文集』

発行年月日:1991-08-31

編著者:戸崎宏正

発行者:伊原照蓮博士古稀記念会

頒価:20,000円(書店別途割引)

連絡先:九州大学文学部インド哲学史研究室

(九州大学代表電話番号:092-642-2111)

または岡野片岡までメールでご連絡ください.





Sudharagunathan072.jpg




目次

伊原照蓮博士近影

序… … 戸崎宏正

伊原照蓮博士略歴

伊原照蓮博士主要著作目録


アマラーヴアティーの仏教部派… 塚本啓祥

ジャナカ王と比丘尼スラバーの対話ーマハーバーラタ第十二篇三百二○章 … 中村了昭

月兎説再考… … 石上善應

ミーマーンサー経にみられる言語論ー能詮と所詮の関係をめぐってー… … 北篠賢三

ヴァイシェーシカ派とニヤーヤ派における無分別の直接知覚… … 村上真完

パキス夕ンの密教遺跡・遺品の調査報告… … 松長有慶

平安仏教成立史序説ー最澄の軌跡と大安寺勤操ー… … 高木■元

神供作法についてー訓下『神供作法伝授要意』 元瑜… … 布施浄慧

『理趣経』 と五秘密… 福田亮成

顕密対弁の諸相……遠藤祐純

インド現存の財宝尊系男女尊像……頼富本宏

護摩の火の占察……中山照玲

対面と空-大乗仏教の基本的構造をめぐる比較思想論的一考察-……河波昌

編集後記

(横組論文)

梵文『聖般若波羅蜜多宝徳蔵偈』(7~10章)の研究…真野龍海

八母天供養儀軌の一資料(Astamatrikapujavidhi)…………宮坂宥勝

不浄とみなされた釈尊-『ヴァサラ・スッタ(Vasala-Sutta-)』をめぐって-松濤誠達

Ratnakarasanti, 『Suddhamati』第II章(1)磯田照文

Prajnaparamita-hrdaya-sadhanaとPrajnaparamita-sadhana………越智淳仁

Tarkarahasya研究(Ⅲ)……矢板秀臣

ツォンカバの『入中論』註釈における二諦をめぐる議論II.勝義諦をめぐる議論……吉水千鶴子

法華経『陀羅尼品』の梵本について………戸田宏文

廻施と呪願(Daksina)……外薗幸一

瑜伽行派の仏道大系の基軸をめぐつて(2)……阿理生

Vinayasutravrtti of Gunaprabha--- Parajikam (2) ……Masanori Nakagawa

ダルマキールティの聖典観-『プラマーナ・ヴァールティカ』第一章および自註の和訳(6)-…大前太

ラーマーヌジャ派における最高神の概念-Yatindramatadipika第9章解読-松本照敬

インドとギリシャーその思想的接点-………高原信一

JS1.1.4の意趣と各語の意味-クマーリラ著『シュローカヴァールティカ』第4章(知覚スートラ)の和訳(1)……戸崎宏正

クマーリラの語意(Sabdartha)論-Lokaveda Adhikarana読解-…………針貝邦生

ウッディヨータカラの思想-NV研究(2)apurvaをめぐつて-…………赤松明彦

VP.I.1-4:言葉とその淵源………清水新一

インド古典修辞学における兼用法(Dipaka)の歩み……波多江輝子

ジャイナ教知覚論における到達作用説-アカランカ作TAV ad TAS 1, 18-19………山口英一

ヴィヴァラナ作者とマンダナミシュラ― Isvara をめぐる議論 (Patanjalayogasastravivarana ad YS 1.23-27とVidhiviveka I. kk. 19-24)… … 張本研吾

スポンサーサイト



  1. 2007/02/05(月) 18:13:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<東文研セミナーのご案内(3月12日):インド学研究と写本 | ホーム | 蛇王タクシャカの頭の宝石:「毒消し」か「熱冷まし」か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する