FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

『南アジア古典学』原稿の規格その他


(規格)
 執筆者が各自パソコンで完全原稿を作成して自分で印字したものをそのまま雑誌にしますので,以下の規格に準拠して下さいますようお願い致します。ファイルの作成にあたってWindowsの方はWordを,Macintoshの方はWordまたはNisus Writerを使うことをお勧めします。

・体裁は,A4,横組みとする。

・マージンは,天地が40ミリ,左右が37ミリ。

・本文はフォントがMS明朝・標準で,10ポイント。行間を広げ,行数が1頁に33行(か34行)になるように設定する。1行は40字~45字。

・英文の場合,本文のフォントはTimes New Roman体を勧めるが,梵語の特殊フォントの都合があるので自由。

・論文タイトルはMS明朝・太字,12ポイント。行の中央に置く。

・氏名はMS明朝・太字,11ポイント。姓と名の間は全角スペース1字分空ける。氏名は行の中央ではなく,右端に近い位置に置く。氏名の前に所属大学名を簡潔に記すことも出来る。大学名はMS明朝・標準,10ポイントにし,字間を十分に空ける。

・頁数の打ちだしはなし。代わりに原稿の下隅か裏側に鉛筆でうすく頁を記す。

・注は,脚注でも末注でもどちらでも可。10か9ポイント。

・論文の最末尾に,下例のごとく,<キーワード>を数語記す。その次行に,現在の所属・身分をカッコでくくって記し,行の右端の位置に置く。MS明弓軋10ポイント。

   例: <キーワード> ○○,△△,□□
                 (○○大学大学院修了,文博)

(寄付金)
 団体あるいは個人で,本誌の財政的支援のため寄付を申し出られる場合は,ありがたくお受け致します。その寄付金は執筆者全員の負担金の軽減と出版費用の累積赤字の解消に使わせていただきます。また寄付多額の場合は,感謝を込めて毎年本誌を寄贈させていただきます。

(定期購読の登録)
 本誌を定期購読したい場合には,九州大学インド哲学史教員(岡野潔)のメール・アドレス宛に,雑誌郵送先の住所をお教えください。

 雑誌は毎年決まった時期に一斉に発送いたします。その時期にバックナンバーの発送もいたします。発行者の雑務の負担を減らすため,その時期以外の発送は行いません。購読料(雑誌の価格と送料)は雑誌が届いてから郵便振替でお支払いください。雑誌の価格は2千円を予定していますが,年により大きく変動することがあります。

郵便振替:口座番号 01740-6-21652
加入者名:九州大学文学部インド哲学史研究室

スポンサーサイト



  1. 2007/02/07(水) 12:00:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<アルチャタのダルマキールティ称讃 | ホーム | 東文研セミナーのご案内(3月12日):インド学研究と写本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する