Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

インド人名のカタカナ表記

これは,最も苦労するところで,ひとつの正解はないに等しいですが,明らかな間違いというものはあります.

ヨガボディ和訳 159頁:
アイヤー、サンダラム、バルスカー



英語原書では,

p. 122:
Iyer, Sundaram, Balsekar


です.

普通にカタカナ表記するなら,

アイヤー,スンダラム,バルセーカル


とすべきでしょう.

三つの内,二つが間違いです.

同様の間違いは,本和訳には多く見つかります.

インド関係本を和訳するのに,インドの言語(原語)について全く無知であるというのは,如何なものでしょうか.

ドイツ関連の英語を和訳するのに,ドイツ語について全く無知であるような研究者は,普通,いないでしょう.

インドだとなぜかそれが許されるという,志・水準の低さと甘えとが,本邦にはあるのかもしれません.

160頁には

ティップ・サルタン宮殿


とあります.英語はTippu Sultan's Palaceです.

ティプーは色々な表記がありうるので,ティップでもOKでしょうが,Sultanはスルターンなどでしょう.

以上から,uがくせ者ということが分かります.

インド人名の場合,英語向けにアの発音に対してuで表記している場合もあれば,インドの表記そのままにuを使うこともあるので,判断が難しくなります.
スポンサーサイト
  1. 2016/12/04(日) 13:33:59|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する