Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

ヨーガの知識

クリシュナムアーチャーリヤ,結構,ナショナリスティックな発言をしています.

1934年当時といえば,ガーンディーの不服従運動が盛んなときですから,外国人(特にイギリス人)に対する意識は高かったでしょう.

Yoga Makaranda p. 30:
The foreigners have stolen all the skills and knowledge and treasures of mother India, either right in front of us or in a hidden way. They pretend that they have discovered all this by themselves, bundle it together, and then bring it back here as though doing us a favour and in exchange take all the money and things we have saved up for our family’s welfare. After some time passes, they will try and do the same thing with yogavidya. We can clearly state that the blame for this is that while we have read the books required for the knowledge of yoga to shine, we have not understood or studied the concepts or brought them into our experience. If we still sleep and keep our eyes closed, then the foreigners will become our gurus in yogavidya.



ポイントをまとめると,

1.外国人はインドの技術・知識・富を盗んだ.
2.自分で発見したかのようなふりをして.
3.同じ事をヨーガの知識についてもするだろう.
4.知識はちゃんと理解し経験に落とし込まねばならない.
5.うかうかしてると,外国人がヨーガの知識のグルになってしまう.
スポンサーサイト
  1. 2016/12/21(水) 19:05:24|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する