Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

部分と全体

インド哲学で部分と全体と言うと,原子論(極微論)のことか,と思われるかもしれませんが,言葉に関しても,部分と全体という視点を用いて議論が進められることがあります.

音素と文という対立があることを見ました.

通常,言葉には三つの単位があるとし,それらを巡って「意味理解」が議論されます.

音素であるg
語であるgauḥ


です.

そして,音素が意味を理解させないのは自明なので,語意と文意とが,どのようにして理解させられるのかが問題となります.

音素
語→語意
文→文意

当然,ニヤーヤやミーマーンサーのような部分先行主義者たちは,音素からどのようにして文意が理解されるのかを説明します.

ミーマーンサーでは,ごくごく常識的に,次のステップを考えます.

音素

語→語意
   ↓
  文意

音素の集まり(g-au-ḥ)が語であり,語から語意(「牛」)が理解され,語意(「牛を」「連れてこい」)の組み合わせが文意(「牛を連れてこい」)となります.

逆に,文法学のような全体先行主義者は,文が基本単位であって,それ以下は仮に分析抽出されたものだと考えます.

(音素)
(語スポータ→語意)
文スポータ→文意

さて,部分と全体ということを言い出すと,極端な人は,次のような問題を指摘することができます.

部分には部分があるはずだ.なぜ音素で止まるのか?音素の部分を考え,さらに,その部分にも,さらなる部分があるはずだ.

あるいは,

全体にはもっと大きい全体があるはずだ.なぜ文で止まるのか?

音素論者に対しては,音素より小さい単位があってもいいのではないか,という問いかけが成り立ちます.原子でなぜ止まるのか,もっと小さい単位があるのではないか,という問いかけと同じです.

また,全体先行主義者の文スポータ論者に対しては,文より大きい単位,パラグラフ,文脈,一著作,この世の言語的テクスト(発話)全て,というように極大を求めることができます.

常識的に考えて,音素より小さい単位を考えることに意味はありません.

というのも,有意味な単位である語gauḥの部分である音素gより小さい単位を考えることは普通ないからです.

いっぽう,常識的に考えても,この世の言語的テクスト(発話)すべてを考えることは可能です.

それらは有意味です.

文→文意
パラグラフ→意味
文脈→意味
著作→意味
全てのテクスト→意味

文法学者は何と答えるでしょうか?

忘れてはいけませんが,バルトリハリのような文法学者は,言葉ブラフマン論者ですから,「まさにそのとおり」と答えます.

それどころか,意味まで含めて「言葉ブラフマン」なる一元だ,と考えます.

つまり

「全てのテクスト→意味」

という総体の全て,つまり,この世の言葉と意味の全てが,一元なる言葉ブラフマンだと考えます.

もちろん,「真実には」という限定付きですが.

常識的には,人は文という単位を用い,語を単独で用いることはありません.

通常,「牛!」「牛!」だけで意思を疎通させることはありません.

「牛がどうしたの?」と言われることでしょう.

動詞をつけて一文を完成させます.そこで聞き手の期待は鎮まります.

また,(インド哲学の考え方では)幼児は,文から意味を学んでいくと考えられています.

文と文意理解(そしてそれに沿った行動)の観察から,足し算・引き算という抽出作用を経て,語意を割り出します.

したがって,日常レベルでは,文という単位を基本と考えるべきだ,というのが文法学派の常識レベルでの見解です.

もちろん,真剣を抜くならば,「言葉ブラフマン一元論」ということになりますが,それは,究極レベルにおいての話です.

ゲシュタルト心理学のように,全体が先行するのだ,という心理学の発見を待たずとも,文という全体が先行するという考え方は非常に魅力的です.

「予測変換」という考え方は現代では画期的ですが,確かに,我々は,gを聞いた段階でも既に語全体を予想しながら,さらに,gauḥという語を聞いた段階でも,文全体を予測しながら,相手の話を聞きます.

「g」という音を聞いた段階で,すでに,「牛」という語スポータ全体を理解する場合は大いにありますし,さらには,「牛を連れてこい」という全体を予想できる場合だって,たまには,あるでしょう.

あとは,確信を高めていく段階です.

文法学者は,宝石鑑定士の比喩を用いて,全体先行主義を理解させようとします.

最初に見た段階で既にある程度のぼんやりとした予想が宝石鑑定士にはあります.

あれこれと調べて何回も見ますが,それは,最初の確信を高めていくためです.

つまり,最初から全体が,ぼんやりとではですが,見えているのです.

最後に100%の確信で,「ルビーだ」「ダイヤだ」と断定します.

音素(あるいは音響という空気の動きである風)から語スポータや文スポータという基本単位を理解するのも同じようなものだと考えることができます.
スポンサーサイト
  1. 2016/12/29(木) 10:39:04|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する