Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

VP 145b: avicāritā

VP 2.145ab:
upaśleṣam ivārthānāṁ sā karoty avicāritā


赤松訳「それ(直観)は、[個々の単語の]それぞれの意味を接合するかのようであり,疑う余地なく決定的なものであり……」



赤松は訳注40において,小川の解釈にも言及しています.

赤松 1998:264-265, n. 40: 「ただし、「[『これがそれだ』というように]確定判断されることのないものではあるが、」(小川、前掲論文)という解釈もある。この解釈は、「直観知が、概念的には把捉され得」ないと、バルトリハリが考えていたということに根拠を置いたものである。



マンダナがkiṁ katham anusaṁdhīyata iti vicāravikalāと言うときのanusaṁdhānaは,推論に関わる一連の思考作用を挙げるヴァーチャスパティもその一つとして言及するhetuparāmarśaのことだと第一義的には考えることができるでしょう.(なお,ヴァーチャスパティは推論思考過程の一連の全てだと解釈しています.dharmisvarūpadarśana-taddharmasaṁdeha-jijñāsā-pakṣadharmahetuparāmarśa-pramāṇāntarābādhānām ...)

マンダナ,ヴァーチャスパティの解釈は,小川の解釈(ラグナータ・シャルマーの解釈avicāritā = idaṁ tad ity anirdhāritasvarūpāpiに基づく)を支持します.

総合的に見て,この解釈を取るのが,やはり穏当かと思われます.
スポンサーサイト
  1. 2017/01/27(金) 19:43:56|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する