Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

ビリヤニ



何十年経っても相変わらずどぶ臭いキャナル水路.

そこを超えて向こう側にあるムスリム街をうろうろ.

すると,大きい鍋で調理している姿が。

上に熾火を載せています.

「ビリヤニ―?」

と聞くと,そうだとのこと.

逆側にあるストールで販売するようです.

どう見ても美味そう.

実食できなかったのが残念です.
スポンサーサイト
  1. 2017/03/17(金) 20:58:50|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する