Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

大橋ソルマリ



オープン当初よりホールで頑張っていたTさんが辞められたようです。

インド料理屋,ネパール料理屋は,ホールの人のキャラクターと日本語能力(コミュニケーション能力)で,えらく雰囲気が変わります.

基本,お喋りに越したことはないでしょう.

福岡で有名なインド・ネパール料理屋も,いずれも,日本語に堪能な名物オーナーがいるからこそ,という側面も多々有り.

スラージのパチャールさん然り,前サーガルのループさん然り.

どまどまのスシルさん.そして,前のサティーのハリさん(今はバジェコセクワハウス).

いずれも,驚くべき日本語能力、そして,客とのコミュニケーション能力の高さです。

ザエカのアリさんの場合は,コミュニケーションの域を超えて,アリ師匠の落語でも聞かせて貰うといった感じです.

海外で成功するのに言語(会話)能力の高さというのは重要です.
スポンサーサイト
  1. 2017/03/21(火) 19:57:31|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する