Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

JNA 391.5

JNA 391.5=RNA1 126.12=RNA2 133.17:
svarūpasākṣātkaraṇād adhyakṣatvaṃ na cāparam/

護山 2011: 73: 「(ある認識は)自性を直観しているから、知覚であり、それ以外ではない。」

片岡: また,知覚対象性とは,自体が目の当たりにされることに他ならない.

Cf. RNA2 133.1: svarūpasākṣātkāritvam eva pratyakṣatvam/

護山解釈も不可能ではありませんが,シンプルに考えると,ablativeプラスaparaの構文「~から別」でいいんではないでしょうか.
スポンサーサイト
  1. 2017/03/16(木) 23:40:25|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する