Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

欧米留学とアジア留学

タイ首都のバンコクだと最近は何かと物価も高くて,万能感も薄れます.

が,郊外のサラヤ市だと,「安い」という感じが未だ濃厚.

最近のインド都市部とか,物価もあがってきて,激安感がなくなってきたのも事実.

欧米に留学すると若干卑屈な根性になったりするのは,物価高から来る無力感や劣等感も関係あるのじゃないかと邪推.

特に金のない学生時分は,そうじゃないでしょうか.

欧米留学のひとつの短所は,物価が高いところ.

逆に長所は,システムがしっかりしているので,ついた当日からちゃんと机に向かって勉強できるところ.

台所用品一式まで揃えて貸してくれるのには驚きました.

逆に,アジア留学のひとつの短所は,システムのいい加減さ.

生活リズムに順応するのが大変.

ついてしばらくは勉強できません.

インドについて「あー,勉強できるなー」と実感したのは,ついて10ヶ月ほどしてからでした.

最初の数ヶ月は生活レベルの戦いです.

しかし,金はかからない.

その点では,心がせせこましくならないで済みます.

二項対立図式なので,一部,単純に理想化してますので,いくらでも例外はあるでしょうけど.
スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 21:19:45|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する