Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

和成豊にて中華

sākārasagdhiと称して夕食会.

形象軍団12名.

張本さんと歩いて早く到着したので,「マティア」という名前で予約があるかどうかを店主に尋ねたところ,「ああ,これこれ」と示されたテーブルの上の予約名が「Sakaya」でした.

日本人グループ,あるいは,酒屋さんでしょうか.

ともあれ座って待つことに.

結局,マティアは,サーカーラサグディという名前で予約していたようで,それを,店の人がSakayaと表記していたようです.

ちなみに,この中華料理屋の和成豊,グレッグによると,タクシーの運チャンに「ワセホン」と言っても通じないそうです.

なぜかタイ語では,「ワホンセ」と順序が入れ替わっているとのこと.

最後にマティア持ち込みのチョコレートケーキ(つまりザッハートルテ)がデザートとして登場.

ハルが,発動対象としてチョコレートケーキを例に出すことから,わざわざ持ち込んだそうです.

わたしは,その前にパフェを食べていたので,ケーキに対する発動が起こりませんでした.

起こったのは,無関心(upekṣā).

ちょうど数が一個たりなかったので,隣のデーヴィーにパス.

ビアシンを頼むと,氷一杯のグラスに注いでくれました.

そして,グラス半分に減る前に,店の人がすかさず注ぎ足しに来ます.

エンドレスのアナヴァスター.

しかし,氷のせいで,ほとんど酔いません.
スポンサーサイト
  1. 2017/03/29(水) 07:13:44|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する