Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

イーシャーナ

イサーン料理やイサーン音楽でも知られるイサーンの地名は,サンスクリット語のīśāna由来.

イーシャーナはシヴァの一面.

神格としては,通常,東北に配置されます.

したがって,イーシャーナはサンスクリット語では「東北」も意味します.

語源的には,イーシュヴァラと同じくīś「つかさどる,支配する」から来ているので,全てを意のままに司る主宰神という意味が出てきます.

Sadasiva.jpg

写真は五面のサダーシヴァ.

イーシャーナは上面.

教理的には本当は東南西北の四つ(タトプルシャ,アゴーラ,サディヨージャータ,ヴァーマデーヴァ)だけが見えて,五つ目の上の顔(イーシャーナ)はヨーガ行者にも見えないんですが,この像では見えてます.

可視化しすぎの病でしょうか.

Sadasiva2.jpg

こちらの像では上面は見えていません.こちらが文献規定に則した正規のもの.

ただし,南面と北面とが入れ替わっているのはご愛敬.
スポンサーサイト
  1. 2017/04/28(金) 19:08:35|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する