Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Flea Market at Gokoku Jinja, etc.








蚤の市,春好夜市にて.

カレチネ,養生カレー,スパイスロード,マルハバ.

インド映画(Hal Girlfriend)鑑賞の後,

山口夫妻とKashiiのスリランカ料理Osuasiri.

アーユルヴェーダの癒やしを謳う店ですが,どう見ても,店のスリランカ人スタッフが一番疲れ切っていました.

Half Girlfriendは,Five Point Someoneで有名なチェータン・バガットの同名小説の映画化.

都会の大学生恋愛物,そして,金持ちお嬢様登場というのは,インド映画における定番中の定番です.

Śraddhā Kapūr演じるヒロイン登場から時ならぬ雨に濡れてくれて,感謝です.

一つ違うのが,ビハール出身の英語下手なヒーローという点.

英語とヒンディー語の間を行き来するベストセラー英語作家の原作者(Chetan Bhagat)自身が関心あるテーマでもあるのでしょう.

日本語字幕も親切についていましたが,最後のほうは,かなり雑になっていて,男女言葉(俺→わたし)は入れ替わるわ,変換ミス(昨日→機能)は多発するわ,そっちのほうが気になってしまいました.きっと締め切りに追われていたのでしょう.

映画を見る暇なく,英語スクリプトから直接日本語に訳したのでしょう,ヒンディー語のカタカナ化は,結構適当でした.

マーダヴ(Mādhav)がマドー,パトナ(Patna)がパタンなど.

マーダヴ・ジャー(Mādhav Jhā)が主人公の名前です.

ジャーと聞けば,ガンガーナート・ジャーよろしく,一発でビハールあたりの出身と分かりますが,そこも英語のJhaを見たのでしょうか,ジャハと翻字されていました.

字幕作成は,やはり,英語世界中心に回っているということなのでしょう.

主役のArjun Kapūrは,もっさりして熊みたいです.
スポンサーサイト
  1. 2017/05/20(土) 22:25:18|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する