Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

西日本インド学仏教学会 第28回学術大会

日:2017年7月29日(土)
時:12:30開始

発表会場:
広島大学大学院社会科学研究科大会議室(1階)
広島県東広島市鏡山1-2-1


=================
プログラム

7月25日(土)
12:00受付開始

研究発表(発表20分、質疑15分)

12:30-13:05
千葉隆誓(広島大学大学院)
『大乗荘厳経論』第一詩頌の再検討

13:05-13:40
須藤龍真(九州大学大学院)
Nyāyamañjarīにおける疑似論証因説の構造

13:40-14:15
佐藤智岳(九州大学大学院)
Tattvasaṃgrahapañjikā最終章における「無余の知(aśeṣajñāna)」について

14:15-14:50
Ven Randombe Suneetha Thero(広島大学大学院)
On the Term dhammanvaya in the Mahāparinibbānasutta

14:50-15:00 Tea Break

15:00-15:35
安達高明(広島大学大学院)
仏陀のさとりと法身の摂持 –––『摂大乗論』註釈文献を中心に–––

15:35-16:10
中須賀美幸(広島大学大学院)
avasthāviśeṣa –––「差異」としてのアポーハ解釈の原点–––

16:10-16:45
田村昌己(広島大学)
バーヴィヴェーカの唯心説批判 –––MHK V 43-50を中心に–––

16:45-17:20
石村克(広島大学)
インド哲学における真理の対応説と整合説

17:20-17:55
川村悠人(京都大学・日本学術振興会特別研究員)
安慧釈に見えるAṣṭādhyāyī 2.3.16への新視座

17:55-18:30
杉木恒彦(広島大学)
ダーカールナヴァの聖地論を再考する –––Ḍākārṇavamahāyoginītantrarāja 50-3 の梵語校訂テキスト、日英語訳、思想史的検討–––




時刻表によれば,西条駅降りてからバス待ちの時間が22分もあります.

結構このバスが曲者です.

新幹線1時間強,乗り換え待って西条まで50分弱,そして,最後のバスが待ち時間合わせて40分弱.家からのDoor to doorだと3時間かかってしまいます.

9時に出て12時につく,という感じです.

伊都になれば,いずれ九大文も,バス直行であれ,電車バス乗り継ぎであれ,博多駅から1時間弱かかってしまいます.

世の中,交通が発達して相互の距離は近くなるはずなのですが,広大と九大は,どんどん遠くなっているのはなぜでしょうか.

ガーンディーが言うように,交通が発達すると遠いところまで通勤を強いられることになるので,むしろ不便になるという側面もあるのかもしれません.
スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 06:27:29|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する