FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

received: 『食から描くインド』

食から描くインド
近現代の社会変容とアイデンティティ
井坂理穂・山根聡(編)

http://www.shumpu.com/portfolio/713/



------------以下出版社Homepage掲載の情報------------

食から描くインド

近現代の社会変容とアイデンティティ

井坂理穂・山根聡(編)/2019年2月

3700円(本体)/四六判上製400頁

(ISBN 9784861106330)

目次|contents

序章 食から描くインド―近現代の社会変容とアイデンティティ(井坂理穂)

I 食からみる植民地支配とナショナリズム

第一章 一九世紀後半の北インドにおけるムスリム文人と食―郷愁と動揺(山根聡)

第二章 インドのイギリス人女性と料理人―植民地支配者たちの食生活(井坂理穂)

第三章 ナショナリズムと台所―二〇世紀前半のヒンディー語料理書(サウミヤ・グプタ、上田真啓 訳)

第四章 現代「インド料理」の肖像―はじまりはチキンティッカー・マサーラーから(山田桂子)

Ⅱ 食をめぐる語り

第五章 一口ごとに、故郷に帰る―イギリスの南アジア系移民マイノリティの紡ぐ食の記憶と帰属の物語(浜井祐三子)

第六章 買う・つくる・味わう―現代作家が描く食と女性(小松久恵)

Ⅲ 変動する社会と食

第七章 もの言う食べ物―テランガーナにおける地域アイデンティティと食政治(山田桂子)

第八章 飲むべきか飲まぬべきか―ベンガルール市でのフィールドワークから(池亀彩)

第九章 ハラール食品とは何か―イスラーム法とグローバル化(小杉泰)

編者|editors

井坂理穂(いさか・りほ)
東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は南アジア近代史。

山根聡(やまね・そう)
大阪大学大学院言語文化研究科教授。専門はウルドゥー文学、南アジア・イスラーム論。

---------------------------------------------
スポンサーサイト



  1. 2019/04/19(金) 19:10:01|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する