FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

修道論

広島のリンポチェからありがたいお話.

一切智者にまつわり,話は修道論へ.

最後は止観双運まで.

ラトナーカラのPPUで以前に修道論は勉強していたので,話の内容はほぼついていけるものでした.

やはり,サンスクリット人としては,ここらへんをまずは押さえておくのが楽でしょう.

つまり,ラトナーカラや,あるいは,カマラシーラ.

修道論に関しては,歴史的に見てもそれほどの違いもなさそうですから,どれかひとつ押さえておけば,あとは,応用が利くでしょう.

その後で,ネタ元のYBhuあたりを見ていけばいいのでは,と予想.

ヨーガの瞑想方面や,また,マインドフルネスも,こういう大きな視点から通時的に論じたものがあればいいのですが,この世にはいまだ何も存在しません.

脳波を図るのも結構ですが,文献に見られる歴史をちゃんと跡付けてほしいものです.

といっても,いまだ文献自体が校訂されてなかったりしますから,一朝一夕にはできないのですが.

50年後くらいには,インド文化圏(上座部・大乗・ヨーガ・タントラ・ジャイナなどなど)の瞑想法・観想法を文献に基づいて最初から最後まで論じたものがでればいいですが.

街中のフィットネスで木になったり死体になったりライオンになったり鶏になったりする人も,まさか自分のヨガが,大元でヨーガーチャーラブーミとつながっているとは夢にも思ってないでしょう.
スポンサーサイト



  1. 2019/08/13(火) 12:44:04|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する