FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

ジャヤンタの弁才天



ジャヤンタのNM第7日課のアートマン章.

12プラメーヤからアートマンへと入る冒頭からジャヤンタの弁舌が冴えまくっています.

弁才天サラスヴァティーが流れ出るとはこのことでしょうか.

さらっとシュローカ,そして,「輪廻の苦からの解脱に役立つ」というような内容を長い長いコンパウンドで詩的に表現.

atigahana-sa.msaara-maarava-sthala-prabhava-bhiima-santaapa-nirvaapa.na-mahaahradataam

とても深い・輪廻・砂漠・地・生じる・恐ろしい・熱・冷ます・大池性

ずらずらと並べているだけですが,日本でも十分に意味が再構成できるほど,隠れた格関係は明瞭です.

最初と最後にhの喉音,途中からは口唇音が連続して,リズムを与えています.

そして,この後,実際の議論に入る前には,ちょこっと皮肉めいた表現で読者をくすっと笑わせます.

知的レベルと技術が違います.

何かの為に役立つ読書も結構ですが,ジャヤンタのNMの場合,読むことそれ自体が悦びです.

いわば音楽を聴くのと同じ愉悦です.

古典を読むという行為は,必ずしも何かの為だけにあるわけではない,ということは銘記しておくべきでしょう.

暇つぶしの穀潰しと言われれば,そうかもしれませんが,だとすると,そのような実利根性は,たいそう無粋なことです.

さいわい,この箇所のエディションは,アレックスが準備中.

ストレスフリーで読めます.

ストレスフリー,苦からの解放,すなわちプチ解脱です.

誤植と誤解に満ち満ちた,なべてのエディションで読むストレスほどいらいらすることはありません.

隣の部屋から,つまずきつまずきの練習ピアノが聞こえてきたらいらいらするのと同じです.

しかも,馬鹿の丸写しで,間違ったものをそのまま引いて,しかも,学界で確立したコンベンショナルな単語の区切り方もしらずに,サンスクリット文を適当に(新たな誤植も混ぜながら)ローマナイズして載せている「研究者」の御論文や御著書を読むとウルティーしかしません.

最近の日本の若手の論文は,サンスクリットのレベルもあがってきたせいか,そういうストレスが減ってきた気がします.

間違いは正す,それが研究者の矜持でしょう.

そして,ひとの間違いを正す能力を身に付けるには,(天才ならぬ多くの凡人にとっては)やはり,蛇の道でのそれ相応の訓練というものが必要となります.
スポンサーサイト



  1. 2019/08/31(土) 09:37:37|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する