FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

後代のテクストにおける引用の扱い方

さて,Aというテクストにある読みについて,迷いがある場合,当然,註釈Bのpratiikaを見たり,あるいは,後代の別のテクストCにおける引用を見たりします.

しかし,そのBやCの引用が問題.

なぜなら,それら後代のテクストも,当然,校訂という作業がはいってますし,その際に,BやCの校訂者が,Aテクストの校訂本を見て勝手に直してる可能性があるからです.

こういう時に,異読をちゃんと記した校訂が後代のテクストBやCにもあれば理想的なのでしょうが,なかなかそんな事例はありません.

大概,なんの異読表もない,不親切な校訂本があるだけ.

結果として,後代のそのテクストBやCの読みを半信半疑で証拠として挙げざるをえないことになります.

しかし,どうしても怪しいと思う時は,そのBやCについても,写本をひっくり返して確認することになります.

そうすると,どうでしょう,やはり,異読がでてきたりします.

特に,微妙な異読に関しては,なかなか判断がつきにくいところがありますから,BやCの校訂者がすでに手元にあったA本の読みに引きずられてしまうことがあるのは致し方ない部分もあります.

こういうときに,やはり,diplomatic editionまであると,非常に助かるのですが,そんな例は極めて稀.

シャーリカナータのミーマーンサー・バーシャ・パリシシュタは例外.

上に校訂本,下に写本のトランスクリプトをあげてくれています.

これだと,いったい,どこまでが校訂者の直しで,どこまでが写本の読みなのかはっきりするので,参照するときに非常に助かります.

読みというのは,それぞれ,確度が違いますから,絶対大丈夫というのもあれば,ちょっと怪しいというのもあれば,かなり怪しいというのもあります.

写本情報やトランスクリプトが与えられていれば,その確度を自分で確認できますから,次の判断へと進めますが,何も与えられていない場合は,かなり困ります.

ともあれ,「相互依存」――「A本の読みはこうだ,なぜならBにこうあるから」・「Bの読みはこうだ,Aにこうあるから」――の過に陥らぬよう,慎重に事を進める必要があります.

NMに引用があるあると思って飛びついたところ,いやいや,と思ってバンダルカル写本を確認すると,案の定,違う読みがありました.

出版本といえども,まずは疑ってみる必要があります.

人の手を介するほど間違いの可能性が増えていくというのは,写本をやっていると嫌なほど身に染みてきます.

ミーマーンサーで言う「人為」が,「偽」のニュアンスを持つのを体感できます.
スポンサーサイト



  1. 2019/09/22(日) 22:01:04|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する