FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

三歩で世界を跨ぐヴィシュヌ


Trivikrama1.jpg
三歩跨ぎのヴィシュヌ(トリヴィクラマ) インドラにかわって三界を支配するにいたった悪魔バリ。 ヴィシュヌは、アディティとカシャパ仙の息子となって小人の姿をとって生まれ変わります。 布施を乞う小人のヴィシュヌにバリは「何でも与える」ことを約束。 小人のヴィシュヌは「三歩で跨ぐだけの土地」を所望。 バリの師シュクラの制止も聞かず、バリはその願いを受け入れます。 たちまち巨人と姿を変えたヴィシュヌ神、一歩で地上を、二歩で天界を跨ぎます。 第三歩をバリの頭上に置き、地獄へ追いやりました。
Trivikrama2.jpg
写真はマハーバリプラム。 石窟内、向かって右手の壁面にあります。 丘を登ったすぐ左手の石窟。 「ガンガーの降下」(あるいは「アルジュナの苦行」)を描く石彫り大壁面の裏側にあたります。
Mahabalipuram1.jpg
スポンサーサイト



  1. 2006/05/07(日) 13:12:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<PSTテクスト批判ノート | ホーム | ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する