FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

同一基体における矛盾する二つの属性

さて,ここのところ,数年来,夏の印仏にも,年末のインド思想史学会にも出れていません.

というのも,ちょうど,海外の研究会とぶつかってしまうからです.

どちらを優先するかという話ですが,国内の話は後から追いつくのは簡単なので,チャンスがあるうちに海外に出たほうが有益なのは火を見るより明らかです.

つまり,自明なので論証する必要もないでしょう.

年取ると海外に出るのも面倒になってくるので,どうせそのうちには,行きたくもなくなるかもしれませんし,行けるうちに行った方がいいかもしれません.

国内で出かけるのも億劫になるかもしれませんが.

今年の夏の印仏は八王子ですが,そういえば,八王子に行った記憶がありません.

辛島先生もいらっしゃるし,行けるかなと思っていたら,辛島先生はお亡くなりになるし,さらに,またしてもよその研究会とバッティングしてしまいそうです.

というわけで,自分の意志というよりは,なにか,そういう事情で勝手に物事が決まっていっている,という感じです.

にしても,東アジア,夏にはイベントが目白押しですが,欧米から人はちゃんと来れるのでしょうか.

いろいろとあるものです.

ダルマキールティの福岡→釜山は,船で行くのもありかもです.

フェリーだと,博多 ⇒ 釜山 12:30 18:00です.

ビートルだと3時間.

時間的には,新幹線で東京いくか,京都いくか,くらいの差でしょうか.

釜山ダルマキールティの前の,ソウルIABSは,プログラムを見てもいまひとつ心惹かれるものがないのですが,何か楽しいことがあるのでしょうか?

Daveyあたりが確か発表するようなので,それくらいは見たい気もしますが.

そうすれば,会場で,大きな態度のグレッグにも会えることでしょう(←褒めてます).

それまでには,Daveyの博論も一通り読んでおきたいし,パトリックの出版本も,ちゃんと押さえておきたいところです.
スポンサーサイト



  1. 2020/02/24(月) 10:30:38|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する