FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

マークイズ

ここ最近は,大野城ではなく,百道のマークイズのほうが多くなっています,インド映画.

サルマーンカーンの映画,前にも見ましたが,日本語字幕もついてるし,大画面だし,ということで,マークイズで再度観賞.

字幕監修は,またしても,佐藤さん.

関係者と癒着しているのでしょうか(笑).

ともあれ,安心して見られました.

筋書き追うのにも,歌詞追うのにも,やはり,日本語があると助かります.

客数は20人は余裕でいたでしょうから,インド映画in福岡にしては,多い気がします.

ひどいときは,数人だったりしますから.

東大ダルシャナ,昔々の先輩の方々を見ると,ほんと,多士済々で,いろいろなことをやられていますが,ある意味,その伝統(あるいは伝統やディシプリンの無による多様性の一端)が,佐藤さんにも継がれているということでしょうか.

佐藤さんに連なる(とも見なせる)堀田君も,その傾向があります.

生き残りのためにも多様であるに越したことはありません.
スポンサーサイト



  1. 2020/02/27(木) 19:23:05|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する