FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

シヴァの精子を飲んだアグニ

あるとき,秘め事の遊びをしようと二人が宝石の家に入ったとき,ヴィシュヌ神が門番としてドアに立ちました.ヴィシュヌ神は,ブラフマー神やインドラ神などが中に入ろうとするのを止めました.「いまはだめだ.二人はお楽しみ中だ」と. 自らの意志で二人が中に留まって,何千年もが過ぎました.ブラフマー神をはじめとする神々は,そのニュースを聞いて目的が成就するのかどうか心配になって,火の神アグニを送り込みました. 鳥穴を通って,オウムの姿をとったアグニが中にはいり,女神と秘め事中のシヴァ神を見ました.オウムの姿をしたアグニが神々に送られてきたのを知って,シヴァ神は怒りに目を赤くして言いました. 「馬鹿なお前は私の邪魔をした.恥知らずのお前は私がこれから言うことを行うがよい.アグニよ,汝は,一切の神々の口に相当する者である.汝に捧げられたものを神々は食べる.全ての神々が享受できるよう,わたしのこの精子を飲むがよい.ほかに選択の道はない」と. アグニは恐れおののいて「神よ,その精子をどうかお与えください.」アグニは合掌しながらその精子を飲みました.シヴァ神の強力な精子をアグニが飲むと,それは,残らず全ての神々のお腹の中に入りました.アグニはぴくりともせず,三千三百万の神々は動けなくなりました. 神々は賛歌をもってシヴァ神をなだめました.精子を飲んで麻痺状態にあるアグニにシヴァは言いました. 「供物を食べるアグニよ,お前はメール山の頂上に行け.私の強力な精子を吐くがよい.お前がメール山の頂上に吐き出せば,神々は元通りになろう」と. シヴァ神に命じられたアグニは,メール山に行き,そこにシヴァの恐ろしい精子を吐き出しました.アグニが吐いた精子は,ゆっくりと深い森に落ちていきました.流れ出る黄金のような精子は,深い森の中で,輝く黄金の蓮を持つ湖となりました.
スポンサーサイト



  1. 2007/07/26(木) 20:02:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<九州大学大学院人文科学府 平成20年度募集要項 | ホーム | シヴァとパールヴァティーの結婚生活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する