Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

大学寮

プーナから吉田さんが来ていました.

ヴィシシュタ・アドヴァイタなら,やはり,タミルナードはマドラスでしょ,というわけで,しばらくマドラス大のヴィシシュタ・アドヴァイタ学科で勉強することにしたとのこと.

しばらく滞在することになりました.

同じヴィシシュタ・アドヴァイタの三上さんも後輩ができて上機嫌です.

たまに私もマドラス大まで出かけました.

時々,三上さんは,にたにたと上機嫌で,

「今晩あたり,一緒に夜たべますか」

と誘ってくれます.

勉強が終わったころ,バスでマリナビーチ前のキャンパスまで行きます.

吉田さんは,しばらく大学女子寮にいました.

あるとき,ひどい風邪を引いたそうです.

すると,よってたかって,

「この塗り薬がいい」

「いや,こっちがいいわ」

といって,さんざんいろんな「家庭の医学」を試されて,治る暇もなかったそうです.

しばらくしてから,女子寮を出たとのこと.

Mathもそうでしたが,大学寮も大変です.

すくなくとも落ち着いて勉強するところではありません.

オーム,シャーンティ,シャーンティ.


後輩がデリー大学に留学したときのこと.

交換留学なので国際学生会館の部屋がついています.

しかし,寮にそうそう空きがあるわけでもありません.

あてがわれたのは,誰もすめないから住んでない,便所の隣のかぐわしき部屋でした.

いろんなところを見ましたが,さすがにこれはひどい.

しばらくすると,後輩は,プーナへと居場所をかえて,快適に過ごしていました.


ティルパティにも,大学寮がありました.

Mathの人に聞いても

「大変だからやめとけ」

というくらいで,確かにうるさそうです.

4人くらいの合部屋でした.

訪ねて行くと,ケロシンで調理しています.

本当は,寮内は,ケロシン禁止なのですが,みんな使っています.

寮の食事は食べないという人もたくさんいるようです.

天井のあちこちには黒いすすがついています.
スポンサーサイト
  1. 2010/02/14(日) 14:21:40|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する