Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

クマーリラとダルマキールティ:テイバー説の変遷

クマーリラのSlokavarttikaおよびBrhattikaと,ダルマキールティのPramanavarttikaとの関係については,

SV → PV I → BT

というのがフラウワルナーの見解です.

失われたBTはさておき,SVとPVに関しては,SV→PVという前後関係があるというのが基本的見解です.

この基本的枠組みに反対する,ほぼ唯一の論者がテイバー氏でした.

フラウワルナーへの反論を表明した最初の論文において,氏は次のように書いています.

Taber [1992:181]: He [=Steinkellner] suggests that Kumārila might be referring to an unidentified predecessor of Dharmakīrti. But I see no reason why the relationship could not be the reverse, i.e., Kumārila is actually attacking Dharmakīrti, while the latter has before him an unknown Mīmāṃsaka who preceded Kumārila.
“Further Observations on Kumārila’s Bṛhaṭṭīkā.” Journal of Oriental Research Madras, 56-62 (1992), 179-189.

ここでは,シュタインケルナーが,X→K→Dという順序を念頭に置いたのに対して,テイバー氏は,X→D→Kという順序を提案しています.

つまり,K→Dというフラウワルナー以来の見解を認めたくないわけです.

次は,ケルナー氏が出版した博士論文に対するテイバー氏のレヴュー.

Taber [2001:83]: However, Kellner presents a good case for the opposite hypothesis, i.e., that Kumārila does not have Dharmakīrti in mind in the passage in question; and although her arguments are not conclusive, they receive support from other observations I shall discuss, so that in the end the negative statement---Kumārila is not referring to Dharmakīrti--- is more plausible. At the same time, we shall see that this does not by any means settle either the matter of the relationship of Kumārila and Dharmakīrti or the problem in the sequence of Kumārila’s works.

Taber [2001:88]: One must conclude from the above that the relationship between Kumāṣrila and Dharmakīrti has yet to be determined. There is little evidence that either specifically took aim at the other, or even knew the other’s works; while there is considerable evidence to the contrary.

“Much Ado About Nothing.” (Review Article) JAOS 121-1, 72-88.


ここでは,D→Kという前後関係の可能性が低いことを認めています.

従来の立場から若干後退しているのが分かります.

しかし,依然として,K→Dという前後関係は認めようとはしていません.

しかし,最新の論文においては次のように述べています.

Taber [2010:294]: ... in light of evidence that Dharmakīrti sometimes seems to be referring to Kumārila’s views.

“Kumārila’s Buddhist.” JIP 38 (2010), 279-296.

ここでは,K→Dという前後関係を認めています.

結局,フラウワルナーが示したSV→PVという順序は正しかったということになります.

1992年のテイバー氏のフラウワルナー批判は,少なくともこの点において撤回されたと看做してよいことになります.
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 18:31:47|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する